かまぼこ ギフト 富山

妊娠について興味深い報告がある。
予定日より早い時期に出産となる早産。医療技術が発達し、早産児でも無事に育つケースは多いが、リスクがあるのも事実だ。早産の原因はさまざまで、高血圧や子宮筋腫といった疾患をはじめ、感染症やストレス、喫煙習慣など、母体側に何らかの問題がある場合が多い。そして、どうやら気温も関連しているらしいことが、米国立小児保健発達研究所らの研究グループによって示された。妊娠中に厳しい暑さまたは寒さにさらされると、早産のリスクが高まるのだという。

 

 早産とは、妊娠6カ月に当たる22週目から臨月と呼ばれる36週目での出産を言う。ただ、これは日本の定義であり、国によって若干異なる。例えば米国では2013年に、それまで正期産としていた37〜38週目を「少し早め」と変更した。

 

 今回の研究では、米国12州の電子診療記録から22万3375人分の妊婦のデータを抽出し、気温と出産との関連について検討した。気温は、「高い」「温和」「低い」の3つに分けた。

 

 その結果、妊娠初期(1〜7週目)に厳しい寒さにさらされた妊婦は、温和な気温で過ごした妊婦に比べて、妊娠34週未満での早産リスクが20%高かった。妊娠34〜36週の早産リスクは9%、妊娠37〜38週は3%、それぞれ高かった。

 

 一方、妊娠1〜7週目に、厳しい暑さにさらされた場合の早産リスクは、温和な気温の場合に比べて、妊娠34週未満が11%、妊娠37〜38週が4%それぞれ高かった。妊娠15〜21週目に暑さにさらされた場合でも、同様の早産リスクが見られたという。全妊娠期間で見た場合、厳しい暑さは妊娠34、36〜38週での早産リスクにつながった。厳しい寒さでは、妊娠37、38週での早産リスクとなった。
温暖化により酷暑の日が増えれば、早産率が高まる可能性もあることから、何らかの対策が必要なのではないだろうか。